赤ちゃん下痢 見分け方

赤ちゃんの下痢の症状別

赤ちゃんの下痢の症状って、実際にどのような病気になっているとか、精神的なバロメーターにもなっていいですよね。
実際に下痢が続いてしまうと、お母さんも慌ててしまうかもしれませんが、いろいろと対処法を知っておくと、何かあったときでも、冷静に判断できると思います。

水みたいな黄色っぽい下痢


まず水みたいな黄色っぽい下痢がずっと続いたばあいは、単一症候性下痢という可能性があるようで、これは食物やストレスから出てくることが多いようです。

下痢と嘔吐が続く


下痢と嘔吐が続いた場合で、1度排便をしてもまた便を及ぼしてしまうような場合急性胃腸炎として考えられるようです。ウイルスや細菌感染が原因とも言われておりますが、単なる寝冷えが原因ということもあるようですね。

乳糖不耐性下痢という生後すぐにかかってしまう下痢もあるみたいです。

ラクターゼ


こちらは赤ちゃんの体重がずっと増えないという現象がでてくるから判りやすいとは思いますが、「ラクターゼ」という消化酵素が不足もしくはあらかじめ少ないということからも発症することがあるようです。

ロタウイルス腸炎


そのほかにはロタウイルス腸炎というような、赤ちゃんがたくさん吐いた後に、水のような便がたくさん出てしまう症状の白色の便で判断されるというものもありますし、細菌性の下痢とその症状にみられる下痢の内容は本当に多種多様あると思います。

赤ちゃんは泣くか排泄するかでしか、はじめは自分の状態を表現できないので、そこはお母さんお父さんがしっかりと見てあげて、いつもと少し違う状態が出てきた場合には、ちょっと気をつけて病院にはやめに行ったりとか、食べる食事等に気をつけてあげるとか対処しないといけませんよね。

でもこういう状態を経て、赤ちゃんも少しずつ体調がよくなってすぐ元気にまた成長していくのですから、こういった下痢の症状がでてくるのも成長のバロメーターとして注意しつつも現状を冷静に把握して対応していくことが大事かと思います。

【PR】 学資保険のことから現在加入の生命保険を一度見なおししてみて下さい。
今の時代節約できるところから節約して将来へのライフプランをしっかり立てましょう。
生命保険、医療保険の専門家・FP(ファイナンシャル・プランナー)がお客さまご指定の場所まで訪問し、
無料でピッタリの保険をアドバイスします!